一般治療 むし歯

表層虫歯

C01少しくらいエナメル質が溶けたくらいでは痛みを感じない場合も多く、虫歯になったことに気づかないことも多くあります。この段階で虫歯に気づく為には、歯科医院で常にお口のケア、チェックに通っている必要があります。

 

治療:適切な歯磨きやフッ素塗布などのケアをすれば、治癒します。また、 虫歯を削ってレジンなどの修復材を詰める簡単な治療を行います。

 

 

象牙質に達する虫歯

C02痛くなった頃には、虫歯がある程度進んでいる状態であることが考えられます。

 

治療:表層の虫歯と同じですが、大きいものは神経を保護する処置が必要です。また、穴が大い場合は型を採って詰め物(インレー)などを作り、装着します。

神経に達する虫歯

C03さらに虫歯を放置すると、虫歯を起こす細菌が歯の中の空洞の中まで達することになります。この状態になってしまうと「神経を抜き、空洞の中を消毒する」という処置をせざるを得ないわけです。

 

治療:「根管治療」(神経の除去)が必要になる場合があります。根管治療後は歯がもろくなるので、クラウンなどの被せ物を装着します。

4.根だけが残っている状態

C04ちなみに、虫歯が神経に達したときには、ひどい痛みを伴います。しかし、ここでさらに我慢して放置すると、神経が自然に死んでしまい、痛みを感じなくなります。「すごく痛かったのに、痛くなくなった!」これは喜ぶべき現象ではありません。ここまでくると、処置ができなくなる可能性も大きくなり、歯自体を抜かなければならなくなることもしばしばです。ですから、虫歯になったらなるべく早く処置をするべきなのです。待っていても虫歯は決して良くなることはありません。

治療:健全な歯質が残っていれば根管治療を行い、残った根を利用し土台を作って差し歯を装着します。健全な歯質がほとんどない場合、または根の先の病巣が非常に大きい場合は、抜歯が必要になります。抜歯後は、インプラント入れ歯などによって歯の機能を補います。