繧、繝ウ繝励Λ繝ウ繝域イサ逋・繧医¥縺ゅk雉ェ蝠擾シ・AQ)

A1、 歯科用インプラントとは、天然歯根の代用となる人工歯根のことを言います。歯を失ってしまった場合、チタンの人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯(冠、歯冠)を装着することを言います。インプラントは、機能的にも見た目にも、自然で美しい口元を手に入れることができる治療法と言えます。

A2、 普通の歯科治療が可能な方なら大丈夫です。全身的な病気を持っていたり、糖尿病のかたは十分な診査が必要です。かかりつけの医師と連携し、インプラント治療が受けられるか判断します。また、インプラント治療に必要な骨があるかないかを、歯科用CTを使用して判断します。

A3、 インプラント治療の流れ、治療期間は2ヶ月〜

1、初診 ;歯・歯肉状態を診査・レントゲン撮影を行い。インプラント治療の可能性を診断します。

 

2、精密検査 ;歯列模型採取・CT撮影(断層撮影)を行います。その資料を基にインプラント治療が行えるか診断します。インプラント 治療ができる可能性がある場合は、インプラントを行えるか顎骨精査ためCT撮影。

3、治療計画 ;治療計画を、治療計画書として、患者様に手渡します。

4、インプラント手術 

5、安静期間(6週間〜3ヶ月)インプラント体と骨が結合するのを待ちます。

6、上部構造装着;インプラント体の上に人工の歯を装着します。

7、リコール;インプラントメンテナンスを行います。メンテナンス期間は3か月ごとですが、患者様の状況に応じて期間は変わります。