インプラント治療 インプラントとは?

むし歯や歯周病で失った歯を、人工歯根(チタン)で機能的・審美的に補う方法です。

 

インプラント治療の流れ


1、初診
歯・歯肉状態を診査・レントゲン撮影を行い。インプラント治療の可能性を診断します。

 

2、精密検査
歯列模型採取・CT撮影(断層撮影)を行います。その資料を基にインプラント治療が行えるか診断します。
インプラント治療ができる可能性がある場合は、インプラントを行えるか顎骨精査ためCT撮影。

 

3、治療計画書
治療計画を、治療計画書として、患者様に手渡します。


4、インプラント手術


5、安静期間(6週間~3ヶ月)
インプラント体と骨が結合するのを待ちます。

 

6、上部構造装着
インプラント体の上に人工の歯を装着します。

 

7、リコール
インプラントのメンテナンスを行います。メンテナンス期間は3か月ごとですが、患者様の状況に応じて期間は変わります。

失われた歯の部位に人工的な歯根を埋め込むことによって、
もとのように美しい歯を取り戻すことができる治療です。
多数の歯を失った症例にも、一本だけの修復にも応用できます。