鬮俶ゥ区ュッ遘大現髯「 譛譁ー諠・ア

trophypan

当院ではtrophy社の歯科用部分CTスキャン(デジタルレントゲン撮影機器)「トロフィーパン プラス」、を導入しております。 通常の医科用CTスキャンと比較し撮影範囲は狭いですが、上下の前歯、奥歯と、それぞれの部位に分けてCTスキャン撮影を行います。 必要な部位のみの撮影ができますので、顎全体のCTスキャンに比較して、X-線の被爆線量が低く抑えられるという利点があります。



CTでは3次元的な情報を把握することが可能となり、診断・インプラント治療の大きな助けとなります。



また、一般的な歯科治療(根管治療)に活用し診断に役立ちます。