一般治療 歯周

歯周病とは?

C04歯周病とはその名の通り「歯の周囲の組織に化膿性の炎症が起こる病気」です。 最初の症状はほとんど痛みもなくじわじわと進行し、そのうちに歯ぐきが腫れたり、口が臭うようになったり、歯がグラグラと揺れて・・・歯医者さんに行ったときには、歯を抜かなければならなくなった、というようなこともしばしばあります。

歯周病は中高年の年齢層に圧倒的に多く、軽度の症状も含めると成人の80%は歯周病といっても過言ではありません。一方で、歯周病の中でも特殊な菌によって、若年者に症状が出る場合もあります。
細菌の検査をすれば診断がつくこともあります。

歯周病の原因

歯周病の一番の原因は、歯についた汚れです。歯垢、歯石が歯の周囲に付着したままでいると、そこを巣とした細菌が繁殖し、歯肉に炎症を起こします。

炎症が起こることによって、様々な体内の因子が複雑に影響して歯肉の炎症だけでなく、体内の組織である骨を溶かししまいます。その間に痛みはほとんど生じません。ですから、気づかない間に病気が進行し、ある程度骨がなくなったところで、歯が揺れ始める、という症状に気づくわけです。

その他にも、悪い歯並びや、咬み合わせ、過度の歯ぎしり、口の渇き、ストレスなども歯周病の原因になると考えられています。


  • 歯を磨くと血が出る

  • 歯肉が腫れる

  • 口臭がする

  • 歯が長くなったように見える

  • 歯がぐらぐら動く

  • 力を入れて咬めない

  • 歯と歯の間に隙間ができる

  • 食べ物が挟まる

 

一度かかってしまった歯周病は糖尿病のように、現在の科学の力では完治することはできません。 歯科医院での汚れの掃除、日頃のご自身のケアをしっかりとすることで、それ以上歯周病を進行させないようにすることが一番の治療法です。